携帯の料金と家計の支出についてグラフ化

じわりと増加する携帯電話代負担…電話料金と家計支出に占める割合をグラフ化してみる

早い話、家計の総支出が漸減傾向にあるのにその中に占める電話通信料≒携帯料金が増えているのである。

ここでざっくりと総支出のうち4%が携帯料金としてみる。

消費税が8%→10%になった場合、携帯の料金を何処まで下げると結果として家計の総支出が圧縮されるのか。気になったのはここである。

家計の総支出をxとすると携帯料金が0.04x、それ以外の支出が0.96x。
で、消費税が上がった場合携帯料金以外の支出は0.96×(110/108)=0.9778x

上昇した差分は0.01778xとなる。単純計算で約44%以上携帯料金が下がれば結果として家計の総支出が圧縮されそうである。

…ってそこまで下がるかは知らんがな。一応数値上の「損益分岐点」?は存在するっちゃ存在することが判った。まあそれが現実的なものかどうかはともかくとして。

ただ、通信料が家計を圧迫するファクターになっているのは確かなので、これが少しでも安くなればいいんじゃないかとは思うぞ。

スマホを購入して

今から約四ヶ月前に初めてスマホを購入しました。
それまではタブレット端末は使用していたのですがスマホは初めてでした。
携帯売り場で一時間以上迷いましたね。
その中で購入したのがグーグルNEXUS5。
NEXUS6たサンプル品を手にとってずっと見比べていたのですが。
最終的には自分の手のひらの大きさで決めました。

話題の格安スマホにしたので、月額費用は2000円もしないんですよ。
ただ、格安スマホのお供としてモバイルルーターも利用することにしました。
モバイルルーターの比較サイトでオススメの機種で月額3000円弱。
合計5000円ですね。。。
でも、もともとネット回線をひく必要があったので、それをモバイルルーターで肩代わりしている感じですね。

いま所有しているのは少し小さめのNEXUS5の方です。
初めてのスマホは最初から使用するのにドキドキしました。
でも操作方法が案外簡単で、課金される以外のものはほとんど試しました。
スマホは本当に便利だと思いますが。アンドロイド端末ですがとても使用しやすいです。
ただ一度だけ端末が起動しなくなる時がありその時は流石にびっくりして慌ててネットで対処方法を検索しました。
その時は壊れたかと思いましたがしばらくしたら起動して難を逃れました。
スマホを利用しててトラブルとかはないですね。歩きスマホをしませんし。
スマホの機能ですごいことは世界中の情報にすぐにアクセスできることです。
アプリをインストールすれば世界中の人と友達になれることです。
その他機能として気圧計があったり温度計があったり、GPSが付いていて位置が特定できるところですね。

EXCELのグラフを教えてもらった

おはようございます
今日で職業訓練の授業も最後、月曜日は修了式です。ほんと色々と学べてよかったです。
日商簿記2級(取得済み)、
全経簿記1級会計(合格)、
消費税(知識の再確認)、
Excel(2日間でVlookup関数くらいまで一気にやりました)、
経理実務(社会保険についてなど知らなかった部分も学べた)、
会計ソフト演習(使ったことない会計ソフトに触れられた)
なかなかつめこみなので辛かったのですがぎゅうっと役に立つ知識が濃縮された3ヶ月でした。
講師の方がとてもわかりやすい説明で授業してくださったので、ほんと理解がかなり深まりました
講師がみんな当たりでしたね。メインの講師はなかなかのヲタクでした

さらにExcelの講師に一目惚れしちゃいまして。グラフの作成なんかも綺麗にこなしているあたり、ポイント高しです。
なんか普段だったらついていけそうにないスピードで授業すすんでいったのですが、あら不思議ついていけちゃったみたいな